ターゲットはあっているか

ターゲットはあっているか

初めての美容室へいった時にまず店内に入ったお客さんは、早くもそこで違和感を感じる人もいるようです。それは他のお客さんが自分とは違う年代のお客さんばかりだった時です。若い人ばかりの所に40代の女性が来店した時、10代の女性が40代以上のお客さんばかりのお店に入った時、入った瞬間に「あ、これは違ったな」と思う事でしょう。思うばかりではなくおそらくその美容室で過ごす間中、気恥ずかしかったり、何となく視線を感じるような気がしたり、と落ち着かない時間を過ごさなくてはならなくなるでしょう。おそらくそのお客さんは二度とその美容室へ来店する事はないでしょう。なぜそのような事が起きるのか、と考えた時に、美容室側はそもそも自分の店がどの様な年代のお客さんをターゲットとしているかと言う事を明確に意識しているか、と言う事が問われます。経営者にターゲットしている年代を聞いた見た時に明確にその年代を応える事が出来るかどうか、と言う事ですね。ターゲットを明確にする、と言うことは、その年鯛の人に喜んでもらうための努力をお店がやっている、と言う事でもあります。ところがその点が不明確な場合、スタッフの接客も内装も、使っている薬剤に関しても、筋が通っていない事が多くなる事でしょう。なかなか顧客が付かない美容室が手当たり次第お客を呼び込もうとしているときに良くある現象ではないでしょうか。

 

再来店をためらうお客さん

 

初めて行ってみた美容室に対して、次もその美容室に行くかどうか、と言う事を考える機会があると思います。もともと行きつけの美容室があってその美容室に何らかの事情で行く事が出来なかった時にたまたま別の美容室に行ってみた、と言う時には、その美容室は応急的な存在なので、すぐに行きつけの美容室に戻っていくのは当然と言えるでしょう。まれにたまたま別の美容室へいってみたらとても良かったので乗り換えてしまった、と言う事もあるかもしれませんが、なかなか行きつけの美容室を乗り換える、というのはハードルが高いですよね。ですがそもそも美容室を探していて、ある美容室を選んで行ってみた、と言う時には「次回はどうしよう?」と考えますよね。その時にもしも初来店の時に「大満足した」のであれば、問題なく次回も行く事でしょう。ですがなかなかそこまで大満足できる美容室に出会える確率は少ないものです。どうしようか、と悩んだ時、つまり次回も行こうと思う決め手がなかった場合、その美容室の何が不満だったか、と言う事を考えてしまう事でしょう。結果的に再来店はしなかったお客さんはどんな事に対して不満や不安を持ってさらに別の美容室を選ぶことにしたのでしょうか。その時のお客さんの気持ちを分析する事で、美容室側は再来店を促す戦略を練ることが出来るのではないでしょうか。

 

PICKUP SITE !!

川口で行くべき美容室

川口にある美容室

能見台の美容院といえば

能見台にある美容院

まずは調布で美容院へ

調布にある美容院