失敗はなぜ起きるのか

失敗はなぜ起きるのか

では、カットの失敗、というのは何が原因でおこるのでしょうか?お客さんが言う所の「カットの失敗」というのは「思い通りにならなかった」という意味合いが強いと思うのです。具体的に行ってしまえば「切り過ぎ」なんですよね。もう少し短くても良かったのに、と思う分にはその場でもう少しカットしてもらえばそれは結果的には失敗ではなくなります。ですが思っていた以上に切られてしまった、というのはもうどうしようもありません。せいぜいさらに少し整える事でスタイル自体を変えてもらうぐらいの事でしょう。ではこの「切り過ぎ」というのはどうして起こってしまうのか?と考える時に「美容師が悪いのか」「お客さんのオーダーの仕方が悪いのか」という問題になってくると思うんですよね。まずは美容師が悪い、と言う場合には美容師のカット技術が未熟だった、と言う可能性もあります。カットしていくうちにだんだんと短くなってしまった、と言うケースで、もしかしたら新人の美容師にはありがちなことかもしれません。その場合は確かに美容師に責任があるといえるでしょう。そしてもうひとつはその美容師のカットテクニックは問題が無かったけれども、そもそもお客さんが求めていたヘアスタイルをきちんと理解していなかった、というケースも有ると思われます。

 

カットの失敗

 

美容室でヘアスタイルを作ってもらう時に、一番気になるのは「失敗しないかどうか」と言う事であり、その失敗の多くは「カット」である、と言う事は良く言われる事ですし、誰もが一度はカットの失敗を経験したことがあるのではないでしょうか。カットの失敗が多い、というのは実際にカットが失敗だったかどうか、ということよりも、カットをすると元には戻せない、というリスクが大きいので少し気に入らなかっただけでも、そのショックが大きいのですぐに「失敗した」と言う気持ちに直結してしまうのだと思うんですね。ですが確かに短くなりすぎたヘアスタイルを見た時にはまずは予想以上の違和感に襲われるものです。これって大丈夫なの?と思ってしまいますし、もう戻せない、という絶望にも似た感じになる人もいるでしょう。ヘアスタイルに「正解」というものは無いので、美容師にとってはそれがそのお客さんに対するベストなヘアスタイルである、と思ってたとしてもお客さんが気に入らなければ、それはお客さんにとっては「失敗」なんですよね。元の長さに戻るまでにはまた何か月も待たなくてはならない、となると、お客さんが落ち込む気持ちも良く解ります。それぐらいカットの失敗、というのはお客さんにとってはショックな事なんですよね。

 

Pickup site !!

カットが上手い蒲田の美容院

蒲田にある美容院

カラーに評判がある横須賀の美容院

横須賀にある美容院

パーマが話題の自由が丘の美容院

自由が丘にある美容院