クセやハネはそのまま見せるのが理想

クセやハネはそのまま見せるのが理想

クセ毛である人や必ず決まったところがハネて困っている人は、本当はその困っている状態をそのまま美容師に見てもらうのが理想的だと言えるでしょう。クセ毛の人はどうしても毎日のスタイリングで少しでもクセを抑えたヘアスタイルにしようと頑張る物でしょうけれども、美容室へ行くときにはあまり押さえないでできればそのままのくせの状態で美容室へ行く方が望ましいです。そのくせの具合を見て美容師もどうするかを判断する事が出来るからです。もっと極端に言えば雨の日や湿度の高い時の最悪な状態を見てもらう事ができればいいですよね。だからといって髪が爆発したようなヘアスタイルで外出するのも嫌だと思うので、ゆるくひとまとめにして来店する、というのが良いかもしれません。ハネの悩みについても同様です。普段ならハネる部分を工夫して直していると思いますが、美容室へ行く日は出来ればハネている状態を美容師に見てもらいましょう。なぜその部分だけハネるのか、という事をプロの美容師なら原因を突き止めてくれると思います。そしてハネないようなカットの方法とかスタイリング方法を考えてくれると思います。本当は美容師の前では自分が困っている事をすべてさらけ出して見せる事が理想的なのですが、ついつい美容師の前だからこそキレイにしていたい、と思う人が多いですよね。

 

スタイリング剤

 

美容室へ行くときのヘアスタイルとして好ましくないのは、スタイリング剤を使ってかなりがっつりヘアスタイルを作っていく、という事でしょう。美容師としてはそもそものお客さんの髪質を見たい、と思っているのでお客さんの素のヘアスタイルで良い、と思っているものなのですが、お客さんにしてみれば美容室へみっともないヘアスタイルで行くわけにはいかない、という心理が働くものでしょう。だからといって必要以上にスタイリング剤を使ってセットしていくのは、どうしても美容室でそれを落とす手間をかけてしまう事になります。ここは自分のオシャレの感覚をアピールするよりは美容師に手間を掛けさせない事を考えたの方が賢明なのではないでしょうか。もちろんオシャレをしていく事は悪い事ではありませんし、ある程度自分の好みを美容師に見てもらう事も必要かもしれません。ですが美容室へいってすぐに落としてしまうようなスタイリング剤は時間ももったいないですからやめておいた方が良いでしょう。素の状態に戻すためにはシャンプーも二度洗いする必要が出てくるかもしれません。手間であると同時に髪の毛や頭皮にも負担をかけてしまいますしね。スタイリング剤だけではなく、編み込みなどほどくのが面倒なヘアスタイルも避けたいところです。

 

ピックアップ

 

吉祥寺のヘアサロンといえば

吉祥寺のヘアサロン

美容院に行くなら府中のここ

府中にある美容院

三軒茶屋のおしゃれなヘアサロン

三軒茶屋のヘアサロン