家族の時間を作るなら

家族の時間を作るなら

夫婦のどちらか一方が美容師、という場合、たとえば夫が美容師で妻が専業主婦とか公務員、会社員、といった一般的な土日休みの仕事の場合、どうしても夫との時間にずれが生じてしまう事になります。夜の帰宅も遅く、土日も休みではない、となるとなかなか家族の時間を持つことができないでしょう。夫婦二人の時にはそれでも良いかもしれませんが、子どもが出来るとそのズレは家族の問題として大きくなってくると思います。子どもの行事に夫が殆ど参加できない、育児に協力できない、といった事が重なると妻の負担は大きくなり、だんだんと不満に思うようになってくるのも解ります。そういう状況になった時に美容師としてどう働くか、という事が問われてくると思いますが、まずは結婚する前にそういう状況になってくる、という事を知っておかなくてはならないでしょう。そして結婚するにあたって、妻となる人の理解をきちんと得ておくことも大切でしょうし、出来る事ならば結婚後にそういった家族の問題にならないような働き方に変えておくことも必要かもしれません。具体的には、できるだけ希望の日に休みが取りやすいお店で働く事を考えたり、結婚するまでに自分で自分のお店を持ち、思うような時に休めるようなお店にしておく、という事ですね。

 

美容師の働きぶり

 

美容師として働いている人は一見若い人が多いようにも思えますが、結婚して家族がいる美容師も多いものです。夫が、妻が美容師、という家族では、一般的な会社員の夫婦とは、少し違った悩みもあるようです。それは美容師と言う職業が一般的な会社員とはちがった働き方をしている事に起因するようですね。美容師と言う職業は、サービス業的な面もありますし、技術職の面もあります。サービス業的な面から感がると当然ながら土日が休みではない、という働き方になります。もしも夫婦間でこの仕事の休日がずれていたら、すれ違いの生活になってしまう事が問題となる可能性も大きい事でしょう。また営業時間だけが勤務時間ではなく、アシスタントのポジションであれば閉店後の練習は当たり前となっているようですし、その指導に当たる先輩美容師もアシスタントと同じように閉店後も後輩の指導、という仕事をやらなくてはならないようですね。そうなると帰宅時間も遅くなります。休日であっても講習会や勉強会への参加があったり、仕事のための買い物や勉強といった時間にとられてしまうので、なかなか休んだ気になれない、という悩みを持つ美容師も多い様です。こういった事は家族の理解が無かったら、よけいにストレスの要因となってしまいそうですね。

 

おすすめ店舗

安らぎと癒しの空間、隠れ家風の美容室

笹塚にある美容院

究極の美髪を創り出すダメージレスサロン♪

大名にある美容院

ハイライトで大人の外国人風ヘアを叶えます☆

吉田にある美容院