どうすればよいシャンプーだと言えるのか

どうすればよいシャンプーだと言えるのか

では、シャンプーをする事は髪の毛にとって良いのか?悪いのか?という事になってきますが、これだけシャンプーをする事が一般的になっていて、だれもが入浴の時にはシャンプーをするの事を習慣づけているのですから、やはりやって方が良い、やらなければならない事だと思われます。問題はそのやり方なのではないでしょうか。きちんと髪の毛や頭皮にとってちゃんと効果のあるシャンプーをしなくてはならないんですね。そのために知っておかなくてはならないのは、まずはどんなシャンプーを使うか、という事ではないでしょうか。そしてもう一つは、どうやってシャンプーをするか、という事になるでしょう。どうやって?と言われてもシャンプーを付けて髪に付けて泡立てて、流してしまえばよいのでしょう?と言う人もいるかもしれませんが、実はそのやり方ひとつでシャンプーはメリットもあればデメリットも出てくる様なんですね。つまり大切なのは正しいシャンプーのやり方をする事と、効果のあるシャンプー剤を使う事、の二点ではないでしょうか。この両方が揃って初めてシャンプーをする事の意味が出てくるのだと思います。シャンプーは基本的に毎日するものです。良くないシャンプー剤を使い、間違ったシャンプーをする、という事は毎日のように頭皮や髪の毛を傷めている可能性があります。

 

髪の毛の汚れを落とすには

 

おそらく多くの人がシャンプーのやり方をどこかで間違っていると思われます。そもそもシャンプーをする時になにを心がけているか、というと、おそらくしっかりと泡が立つことで満足してしまっているのではないでしょうか。そして泡立てるために必要以上にゴシゴシと頭皮や髪の毛をこすっているのではないでしょうか。そしてそもそもシャンプーとは頭皮ではなくて髪の毛を洗うのだ、と思っている人も多く、髪の毛に泡立ったシャンプーがしっかりと行渡ればそれで良い、と思っているかもしれません。ところが本当は髪の毛の汚れと言うのはシャンプーを付けなくても泡立てなくても、お湯で洗い流すだけでかなり落とす事が出来る、と言われています。ですから髪の毛だけに関して言えばそんなにシャンプーをたくさんつけて泡立てたり、泡立てるためにゴシゴシと髪をこすったりしなくても良いのです。逆にそういう事をするためにキューティクルが傷んでしまったりするんですね。髪の毛の汚れを落とすのは、まずシャンプーを付ける前にしっかりとお湯で洗い流しておいて、シャンプーを付けてからはやさしくシャンプーを頭に揉みこむ様な感じで洗えば十分な様です。泡が十分に立っていれば汚れが落ちている、と思うかもしれませんが、シャンプーによっては泡立たせるために髪の毛に良くない成分が含まれている事も有り、シャンプー選びも大切です。

 

TOPICS

安心/信頼/安らぎを約束♪

門前仲町にある美容院

キャリア豊富なスタイリスト在籍

清澄白河にある美容院

与野で圧倒的支持率のお洒落メンズサロン

与野本町にある床屋