どんなヘアスタイルで行くべき?

どんなヘアスタイルで行くべき?

美容室へ行くときにはどのようなヘアスタイルで行くのが望ましいのか、という事を考える時には、その人がどのような手段で美容室まで行くのか、という事も影響してくると思います。たとえばバスや電車など人目に付く交通機関で来店しようとする場合には、ある程度は人前に出て恥ずかしくないヘアスタイルをしておきたい、というのは当然の心理でしょう。また車など個人での移動手段であっても、美容室の予約時間の前に用事を済ませてから行く、というような場合にもきちんとヘアセットをしてから外出する事になるのは無理も有りません。ですが実際には美容室ではきっちりとスタイリングをしたヘアスタイルで来店される事はあまり望まれていないようです。ですから出来れば美容室に直行できるようなスケジュールを立てる方が良さそうです。美容師的にはとにかく「そのままの髪の毛で来店してほしい」という事があるようです。だからといって寝起きのままのヘアスタイルで外に出るのはお客さんとしては嫌ですよね。恥ずかしくない程度に髪を梳かして、もしも跳ねやクセがひどい、という事であれば帽子などで隠していくとか、ゆるく一まとめに括っていく、といった感じが良いのではないでしょうか。そのままのスタイルで来ることに対しては美容師は歓迎する事はあっても、おそのお客さんの事を笑ったりはしないようですよ。

 

そのままの髪質をみてもらう

 

美容師の皆さんがお客さんがわざわざ美容室へ来るためにシャンプーをして来店する事に対して好ましくない、と思う理由には「普段の髪質を見せてほしい」という思いがあるからなんですね。シャンプーをしてしまえば当然トリートメントやスタイリング剤を使って髪をスタイリングして来店する事になります。普段少しクセのある人はクセを伸ばしたスタイリングをするでしょうし、髪の毛の流れもドライヤーやヘアアイロンを使えば自然な流れではなくなっている可能性もあります。そういったことが美容師の判断を狂わせてしまう事もあるらいんですよね。元々お客さんがどの様な髪質でどのようなクセがあるか、という事がわかっていないと、それを想定した上でヘアスタイルを作ることが出来ないんですね。結果的に美容室では上手くスタイリングが出来たとしても、いざお客さん自身がスタイリングをしようとすると上手くいかなかったりするようです。そうなってからお客さんに「上手く仕上げてもらえなかった」と言われても美容師としても困ってしまうのだと思われます。また来店した時のお客さんのヘアスタイルを見て、そのスタイリングをまずは解除する事から施術を始めなければならない、というケースも有り思った以上に時間がかかってしまうような事もあるようです。

 

オススメサイト

 

二子玉川で美容院に行くならここ

二子玉川の美容院

栄で人気のある美容院

栄にある美容院

府中で話題沸騰の美容院

府中の美容院